中国十大銘茶の王

武夷の気高く美しい山水にいたり
古より渓谷に生える天下の茶の誉れあり
他に追随を許さず
唐代には早くもその名を世に知らしめ
宋代では国内茶壇の王と称えられ
宋元明清の四王朝では献上茶として皇帝に進呈せられた
更に遥か海を越え欧米にも名を轟かせ
武夷の岩茶は独特の岩韻を含み
武夷正岩茶は武夷山の核心、岩上に生えるお茶である

 

 


info

2020.06 info ホームページを更新しました。
2020.06 info 新着茶葉が入荷いたしました。

2020年5月1日〜31日 新着商品の無料試飲キャンペーン 先着20名様
→無事に終了しました。期間中のご来店はありがとうございました。


 

 

ご自宅で武夷岩茶を楽しんでいただけるようにonline shopを始めました。

沢山の方に中国の伝統ある武夷岩茶を飲んでいただければと思います。

 

 

 


武夷岩茶とは

武夷岩茶が生まれた武夷山。中国福建省北部に位置し、風光明媚な美しい景色とユネスコ自然遺産にも登録されるなど、自然豊かなこの地は、多くの観光客を魅了し続けてきました。元々は白亜紀の地殻変動により、火山や風化侵食を受けて形成された丹霞地形が特徴であり、植生の数では他に例を見ないほど豊か。特に岩茶は特別な条件の中で生まれた奇跡のお茶とも言えます。
宋元以降は皇帝の献上茶として長年選ばれ、その後も各文化人から愛された岩茶。ゆっくり味わってみると甘さがいつまでも続き、甘味の奥に感じる深い味わい。
2006 年、古くから伝わる岩茶の製茶技術が中国非物質文化遺産として選ばれました。 今なお、国賓への贈り物として愛され、その名は全世界に知れ渡っています。

 

 

 

 

 


辰翼茶荘とは

当茶荘は中国福建省に200畝(14ha.)にも及ぶ専属の茶園と自社工場を持ち、長年において不動の地位を築く武夷岩茶を作ってまいりました。時代の変遷の中でも変わらず守り続けてきたものがあります。

 

〇茶園管理の徹底

茶樹の生長に人の影響が及ぶのを避けた「自然農法」による管理実践。

 

〇春季一回のみの製茶

春に摘まれた茶葉だけを使い長時間かけて製茶。

 

〇伝統的な焙煎方法

武夷岩茶第四代手工伝承人盧氏が継承する伝統製法にこだわり、全て炭による焙煎を採用。

 

また当茶荘は広東省潮州市に白葉単叢の共同経営茶園を持ち中国国賓茶 嶺頭白葉単叢を作っております。

2018年辰翼茶荘は倉敷に日本第一店舗目となる中国茶専門店をオープン。

当茶荘が自信を持ってお勧めする最上の烏龍茶、茶器、中国茶文化を広く日本の皆さまにご紹介し、日中茶文化の友好発展に尽力してまいります。