嶺頭白葉単叢(熟成)れいとうはくようたんそう LINGTOUBAIYE

¥2,000¥4,000

2018年産の上質な嶺頭白葉単叢を厳選し、遠赤外線焙煎設備で数回焙煎した後、光を避けた密閉空間で保存しています。3年間の熟成を経て、緩やかに起こる風味は新茶特有の新鮮香(若葉の香)に代わって、この後熟香(バラ、梅のような芳香)を強くします。お茶の表面に浮いていた香りが深く入ってくるようになり、一般的な渋味が落ち、バランスが良くなります。そして、味は旨みと甘みを伴ったコク味が生じ、角の取れた深みのある味に変化します。これはお茶の香りを嗅ぐだけでなく、飲むことができるのです。

25g:¥2,000円
50g:¥4,000円

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー:

説明

淹れ方の目安

お湯の温度 茶葉の量 時間 抽出回数目安
95~100℃  8g 8~10 秒 1~2 煎
10~12 秒 3~4 煎
12~15 秒 5~7 煎

単叢を飲むときは、すするようにゆっくり飲むのをお勧めします。
茶杯を手に取ると、芳醇な香りが立ち、嗅覚を刺激。
口に入れ、単叢が舌先に充分触れると、一瞬にして花や果物、乳香が口の中で解き放たれ、心地よい刺激をもたらします。
単叢が体全細胞に染み渡ると、身体が微熱を帯び軽く汗をかく感覚、程なく身も心も緩んでほぐれ、究極にリラックスした状態へ。
飲み終わった後も、香りが長く口に残り、甘い唾液がとめどなく続きます。