2022年春 極上武陽春雨(明前) ぶようしゅんう JISHANGWUYANGCHUNYU (MINGQIAN)

¥1,500¥7,500

武陽春雨は中国緑茶の重要な生産区浙江省の十大銘茶の一つです。1994年に中国茶葉評価会で1位を獲得したことから、以後毎年中国の各種類の茶葉評価会で金賞を受賞しています。武陽春雨は浙江省自然環境が最も良い武義県現地の野生茶種の中から選別育成された優秀な茶種です。摘採には単一茶芽または一芽三葉の基準を用います。最も品質の良い武陽春雨はすべて単一茶芽を用いて作ります。茶葉が熱湯で淹れると、ふっくらとした茶芽が水面から茶杯の底に落ちてきて、春のしとしとと小雨のような形がとても美しいです。茶芽がゆっくりと落ちていくのを楽しみながら、口の中には清新な花果の香りと甘い味が満ちていて、本当に五感の宴のようです。武義県は古代では、武陽と呼ばれ、茶芽が杯の中に落ちていく姿が春雨のように落ちることから、茶葉の名前が「武陽春雨」と名付けられた。茶園は武義県の千メートル近くの高山にあるため、浙江省で最も標高の高い緑茶茶園でもあり、優れた自然環境により茶樹は生長中に豊富な栄養物質が蓄積されています。茶葉の「殺青」作業では、茶葉の外形を破壊する心配なく強力に揉むことができ、これも武陽春雨茶の味には他の緑茶の香りのほか、豊富な花果香があり、茶葉の煎持ち度も高く、現地では「六杯香」(6回淹れても茶の香りがふっくらしている)と絶賛されています。高海抜の茶区にあるため、全手作りの単芽摘採と後期製作には大量の人力が必要であり、極品の武陽春雨の生産量は低く、中国緑茶の中の贅沢品です。浙江省武義県のベテラン同業の力を借りて、辰翼茶荘の辰翼厳選ブランドとして2022年に少量の貴重な武陽春雨茶をお届けします。これらの茶はすべて手作業で採取·製作されており,摘採基準は武夷山桐木金駿眉と同様に単芽摘採であり,摘採日は清明節(4月5日)までの2022年3月17日です。2022年春武陽春雨は天地の精華を集めた中国緑茶の絶品です。優れた高海抜生態と究極の全手業の摘採と製作、これは辰翼茶荘が夏にあなたに届ける五感の盛宴です。


・データ


分類 綠茶
茶種 武義春雨茶
産地 浙江省武義県
栽培地 武義俞源九龍山
焙煎 軽度焙火

・価格


10g 1,500円
15g 2,250円
25g 3,750円
50g 7,500円

 

送料について注意点
離島・一部地域は追加料金がかかる場合があります。

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー:

説明

淹れ方の目安

お湯の温度 茶葉の量 時間 抽出回数目安
85~95℃  2.5~3g 1~5 秒 1~3 煎
5~8 秒 4~6 煎