宜興早期芭楽工夫茶壺

¥11,000

紫砂壺は中国特有の手作り陶芸品であり、その製作は明の正徳年(1506年 ~ 1521年)から始まり、製造原料は紫砂泥であり、原産地は江蘇宜興丁蜀鎮です。紫砂壺の壺身の作り方は独特の「打身筒」の製作工芸を用います。紫砂は二重空洞構造の多洞性材質であるため,紫砂壺の通気性が非常に良く,茶湯を紫砂壺内に長時間放置することで優れた水質を保つことができます。宜興は江南地区に位置し、主要な飲茶品種は緑茶であるため、多くの宜興の紫砂壺は体型が大きく、緑茶を淹れるのに適しています。1980年代から、香港、マカオ地区および南洋地区の烏龍茶の顧客の需要を応えるために、宜興紫砂工場はかつていくつかの輸出用の小型水平壺を作り、対外貿易の形でこれらの烏龍茶飲用を主とする国に輸出しました。これらの外国貿易製品は外観が比較的小さく,主に工夫茶を淹れるのに適しています。弊社は幸運にも当時(80年代)に輸出に使われた小型紫砂壺を手に入れました。烏龍茶を淹れる楽しさをお届けしたいのです。この茶壺は80年代に半手作りで生産された芭乐壺です。

 


・内容


材質 清水泥
容量 100 cc
産地 中国宜楽
製作工芸 半手作り

 

送料について注意点
離島・一部地域は追加料金がかかる場合があります。

クリア
商品コード: 該当なし カテゴリー: