岩茶春蘭がんちゃしゅんらん CHUNLAN

¥600¥3,600

春蘭は福建省茶科所で定められた品種番号が301であり、鉄観音が自然交配された後代から選別より育成された優良新品種です。最初の一口は肉桂を思わせるが、また肉桂のように強い香りではなく、味わっていくと、歯の頬に香りが残し、味がまろやかで長く続きします。7煎目淹れたあと、依然として薄い蘭の花の香りを持ち続きます。


・データ


分類 青茶(烏龍茶)
茶種 春蘭
産地 中国福建武夷山
栽培地 情人谷
焙煎 中度焙火

・価格


8g 600円
25g 1,800円
50g 3,600円

 

送料について注意点
離島・一部地域は追加料金がかかる場合があります。

クリア
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー:

説明

淹れ方の目安

お湯の温度 茶葉の量 時間 抽出回数目安
95~100℃  8g 8~10 秒 1~2 煎
10~12 秒 3~4 煎
12~15 秒 5~7 煎

岩茶を飲むときは、すするようにゆっくり飲むのをお勧めします。
茶杯を手に取ると、芳醇な香りが立ち、嗅覚を刺激。
口に入れ、岩茶が舌先に充分触れると、一瞬にして花や果物、乳香が口の中で解き放たれ、心地よい刺激をもたらします。
岩茶が体全細胞に染み渡ると、身体が微熱を帯び軽く汗をかく感覚、程なく身も心も緩んでほぐれ、究極にリラックスした状態へ。
飲み終わった後も、香りが長く口に残り、甘い唾液がとめどなく続きます。