新着商品

新着の茶葉が到着しました

新着商品が入荷いたしました。貴重なお茶もございますのでこの機会にぜひご賞味ください。

 

お知らせ

お買い上げ総額10,000円以上のお客様には送料無料とさせていただきます。

この機会にご利用ください。

 


NEW

2022年春 桐木白茶 武夷勝雪 とうぼくはくちゃ
20g ¥3,000

白茶は中国六大茶類の中で比較的に製作難度の低い茶種です。しかし白茶は茶青(生葉)の品質に厳しい。内容物質の豊富な茶青だけが高品質な白茶を作られます。辰翼茶荘では2018年から武夷山桐木自然保護区内の荒野に生育する野生奇種茶樹の茶青を用いた白茶の製作を試みました。桐木村独特の自然環境で有名な金駿眉と正山小種シリーズ紅茶が誕生しました。福鼎白茶の作り方を導入した後、作られた白茶は新鮮でさっぱりしているだけでなく…

詳しくはこちらをクリック

 

NEW

【手作り】虎嘯岩肉桂 こしょうがん にっけい
¥3,000 – ¥18,000

これは2021年100%手作りの虎嘯岩肉桂です。虎嘯岩は九曲渓の二曲渓の南に位置し、四方が切り立っており、岩の上に巨大な岩穴があるので、風が吹いた時、虎に似た鳴き声を出すことから、虎嘯岩と呼ばれています。辰翼茶荘の虎嘯岩肉桂は虎嘯岩地区に生育している肉桂品種です。虎嘯岩肉桂の一口目は少し苦くて更に辛いと感じるかもしれませんが、すぐに「回甘」へと変わり、後味が尽きません。虎嘯岩肉桂の特徴は圧倒的な力強さと馥郁とした香り…

詳しくはこちらをクリック

NEW

猫耳石肉桂 ねこみみいし にっけい
¥2,000 – ¥12,000

猫耳石は武夷山の有名な馬頭岩山場の重要な区域で、この区域は典型的な“峰”類茶山で、シナモン茶樹は岩峰の上に生長します。茶山の土壌は火山風化岩が多く、土壌の質は厚くて弛緩し、通気が良く、豊富なミネラルが豊富に含まれている。茶山は日当たりが良く、シナモン類の高香岩茶が鋭い覇気の香りを形成するのに適しています。だから猫耳石シナモンはずっと馬頭岩シナモンの中の優秀な製品で、価格的にも馬頭岩の他の地域のシナモンより…

詳しくはこちらをクリック

NEW

金交椅肉桂がんちゃ きんじょういにっけい
¥5,000 – ¥30,000

金交椅山場と牛欄坑山場は同じ領域にあり、牛欄坑のお茶は両側の山に囲まれた穴底に植えられているのに対し、金交椅肉桂は一側の中腹に植えられています。違いは栽培地域の垂直落差にあります。ほぼ同じ気候環境のため、かつて金交椅山場に植えられた肉桂を“子牛肉”と呼ばれていました。2018年、金交椅肉桂は武夷山岩茶村の肉桂大会で1位を獲得し、その知名度が大きく向上し、金交椅肉桂もより多くの人に知られるようになりました。武夷山の高級茶の…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 烏崠獅頭脚老叢柚花香(単株) うーとんしとうじょろうそうゆかこう(たんしゅ)
¥4,000 – ¥20,000

柚花香は鳳凰単叢の十大香型の一つで、茶友たちに愛されており、茶葉が淹れる途中に天然の柚花の香りがあることから名付けられた。辰翼厳選の柚花香単叢は、標高1125メートルほどの乌崬から最も標高が高い自然村の獅頭脚から来ました。運が良く、私たちは1本の百年の古茶樹で作られたすべての完成品のお茶を手に入れた。単株はすべての茶葉が同じ茶木に由来しているからと呼ばれています。茶葉の味は非常に純正で、その生産量はわずか3 Kgと低く…

詳しくはこちらをクリック

NEW

極上紫砂紅皮龍 宋韻西施夫茶壺
¥110,000

中国潮州は有名な工夫茶の発祥地であり、潮州工夫茶は正に中国茶道の生きている化石です。これは烏龍茶を淹れる茶道で、最も典型的な茶葉の品種である武夷岩茶と潮州単叢を使っています。中国では潮州人が味覚の美味しさに対して究極に追求することはをよく知られています、潮州料理は中国では最高級の料理であり、作り方が細かく、味型が豊富であることで有名です。彼らがお茶の味覚に対する追求しているのも同じです。烏龍茶の香りが強く…

詳しくはこちらをクリック

NEW

極上紫砂魚卵朱泥 龍蛋工夫茶壺
¥121,000

中国潮州は有名な工夫茶の発祥地であり、潮州工夫茶は正に中国茶道の生きている化石です。これは烏龍茶を淹れる茶道で、最も典型的な茶葉の品種である武夷岩茶と潮州単叢を使っています。中国では潮州人が味覚の美味しさに対して究極に追求することはをよく知られています、潮州料理は中国では最高級の料理であり、作り方が細かく、味型が豊富であることで有名です。彼らがお茶の味覚に対する追求しているのも同じです。烏龍茶の香りが強く…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 桐木関 老樅紅茶 とうぼくかん ろうそうこうちゃ
TONGMUGUAN LAOCONGHONGCHA
¥800 – ¥8,000

当店は武夷山桐木村麻栗地区の樹齢が70年以上の「老叢菜茶」の生茶葉を厳選し、武夷紅茶の製茶工芸で老叢紅茶を製造しました。桐木自然保護区は海抜1000メートル以上にあり、湿潤な空気と森林植生環境により、古茶樹の幹には青苔が多く生えております。古茶樹の香り、青苔の香りがして独特な「叢韻」を味わえます。老叢紅茶の条状の乾燥茶葉がとても太く、色は黒潤で、匂うと果実の香りがします、茶湯が橙黄色で透き通り、口に入れると…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 桐木関野生紅茶 とうぼくかん のちゃ
TONGMUGUAN YECHA
¥800 – ¥8,000

桐木関野生紅茶は武夷山桐木廟湾地区の森の奥に原産しています。これらの桐木群体種の野生の「武夷菜茶」は、崖や竹林山の麓、渓流辺に自然に育ち、自然の中で花が咲き散り、野生味があふれるお茶です。桐木の紅茶という特殊な製茶工芸で、自然と野生の味を残しています。中国の他の地域の紅茶に比べ、武夷紅茶の魅力的な香りは非常に独特で、一度飲んだら忘れられない、まるで桐木の森の深い所に身を置き、野菊の花…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 赤甘(極上) チィガン
CHIGAN
¥1,500 – ¥7,500

「赤甘」というのは、その名前からしてわかりやすい。赤は赤い、甘は甘い。淹れた後、茶の湯の色はオレンジ色、みかんの色、口の中に入ると甘く、その名が付いています。金駿眉、銀駿眉、赤甘はいずれも桐木関紅茶の「駿眉」シリーズに属します。このシリーズの茶摘みの時期は比較的早く、摘み取る基準は全芽から一芽二葉までで、これは春の茶の発芽の初期に、すべての茶芽が成長して葉になった後に摘み取った生葉は正山小種紅茶を作ることしかできません…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 金駿眉(極上) きんしゅんび
JINJUNMEI
¥3,900

金駿眉は武夷山が世界紅茶業界に再び大きな貢献しました。400年余り前の武夷山桐木村では、世界初の紅茶である正山小種が誕生し、人々の暮らしに優雅なティータイムを作り出しました。400年余り後の2005年、武夷山桐木村の製茶師の梁駿德さんと江元勲さんと北京から来られたお茶の愛好家張さんは偶然に製茶テスト際に桐木村野生菜茶の芽を摘んで、「正山小種」の製作方法を改善し、オリジナルの「過赤锅」などの特殊な工芸を加え…

 

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 鳳渓坪坑頭村老叢鴨屎香 ほうけいへいこうとうそんろうそうやしこ
FENGXI PINKENGTOUCUN LAOCONG YASHIXIANG
¥3,200 – ¥16,000

鴨屎香は、単叢の烏葉に属します。母樹鴨屎香が元々烏崠村で栽培した時に有名ではなく、海抜900 mぐらいの鳳渓坪坑頭村に移植され、坪坑頭村の特有のミネラル豊富な白亜質の黄土で成長する茶樹が特殊な香りの物質を蓄積しています。製茶後の単叢を淹れた後スイカズラと乳香がコクを引き出し、数煎後も強烈な香りがします。茶の湯は透き通った橙黄色い、味、まろやかな余韻、とても煎持ちで、これは元々烏崠村で成長した単叢はこんなに风味がなかったからです。この茶樹の秘密を守るため、茶農家は粘りのある黄土がアヒルのフン(糞)のように見えることから、「鴨屎香」と名付けました。その品質があまりにも優れていて、有名な「十大香」に劣らないので、鴨屎香の評判は急速に広がりました。近年、鴨屎香の母树から無性繁殖の方法を使って、他の多くの茶山へ植え、まで再び烏崠へ持ち帰って栽培されたが、鳳渓坪坑頭村の特有の黄土に育つ鴨屎香こそ魅惑的な风味があります。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 嶺頭白葉単叢(極上) れいとうはくようたんそう
LINGTOUBAIYE
¥2,400 – ¥12,000

嶺頭単叢または白葉単叢茶と呼ばれています。比較的新しいお茶で80年代に優良品種と指定された岩茶。
花の蜜の様な至福の香りと爽快さと芳醇な味わいを併せ持つ。

1992年「国賓茶」に認定され中国政府の接待用に使用される最高級の烏龍茶の一つです。辰翼茶庄の嶺頭白葉をぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 岩茶白瑞香 がんちゃはくずいこう
BAIRUIXIANG
¥600 – ¥3,600

100年以上の栽培の歴史を有する10大武夷岩茶の一つ。一煎一煎で変化する香りを楽しめます。先ず濃厚な乳香が鼻を刺激し、次に爽やかな花の香りへと変化。甘味が強く、独特の岩韻を含む岩茶です。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 春 岩茶白鶏冠 がんちゃはっけいかん
BAIJIGUAN
¥600 – ¥3,600

白鶏冠は武夷岩茶四大名叢の一つであり、武夷山で唯一の「道茶」とよばれるもの。
白鶏冠は宋の時代の止々庵に席を置いた南派五祖の一人、白玉譫が栽培し、当時の道士が修業の際、気を養う為に取った薬草茶としたと伝えられています。

他の岩茶と比べると花果の香りは、さることながら白鶏冠は、よもぎや金銀花などの薬草の香りも…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 岩茶水簾洞肉桂 がんちゃすいれんどうにっけい
SHUILIANDONGROUGUI
¥1,200 – ¥7,200

水簾洞は武夷山正岩茶区の有名な場所です。水が豊富で、植生も豊かなこの地では、多くの岩茶が栽培されている。水簾洞肉桂の乾燥茶葉は炭焙煎のコーヒーやシナモンを髣髴とさせる香りがあり、湯の色は透き通ったオレンジ。九龍巣肉桂に比べて水簾洞肉桂の香りは、刺激が少なくまろやかで、飲むとシナモンの香りと乳香が、じわっとゆっくり広がります。どの一煎をとっても絶妙に調和された香りがいつまでも口の中に残ります。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 春 岩茶奇蘭がんちゃきらん
QILAN
¥600 – ¥3,600

90年代に武夷山で広範囲に栽培され、人々に広く愛された岩茶。現在でも主要品種の一つ。蘭の香りにも似た上品な甘い香りと濃厚な味わいで、煎を重ねるごとに甘味が感じられるお茶。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 岩茶矮脚烏龍 がんちゃ わいきゃくウーロン
AIJIAOWULONG
¥600 – ¥3,600

原産は福建省建甌市東峰鎮。中国宋代の北苑御茶の産地でもあり、宋徽宗時代から御茶園に伝わる茶の木の品種だと言われています。
現在台湾で有名な軟枝青心烏龍も元々は約100年前に福建から移植された矮脚烏龍です。
武夷山の丹山碧水で育くまれた矮脚烏龍は独特の蜜桃の香りがあり、何煎入れても、蜜のような甘さがずっと残ります。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 岩茶情人谷肉桂がんちゃじょうじんこうにっけい
QINGRENGUROUGUI
¥800 – ¥4,800

情人谷は武夷山の柘洋と原頭墩の間に位置し、武夷山地区の最高峰である黄岡山から北へ約20kmの峡谷です。谷底の渓流はさらさらと流れています。勢いは抜群で、周囲を見渡すと、絶壁が立ち併び、古木が茂っています。辰翼茶荘の情人谷肉桂はこのような孤立した場所に生まれ育ちました。谷底の日照時間は短く、長年流れている小川の水は肉桂に豊富なミネラルをもたらし、情人谷肉桂は特有の桂皮香、桂花香のほかに、爽やかなミントの涼しさもあり、七煎後も茶の湯が暗香浮動し、引きつけられます。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 岩茶瑞香がんちゃずいこう
RUIXIANG
¥600 – ¥3,600

瑞香は福建省茶科所で定められた品種番号が305であり、2003年に福建省茶科所が黄金桂(黄旦)から交配された後代から選別された品種より育成したもので、甘い蜜と甘い花果の香りがあります。瑞香の品質が優れ、しっかり岩茶の「岩韻」を味わえます。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年 岩茶果香肉桂 がんちゃかこうにっけい
ROUGUI
¥600 – ¥3,600

100年以上の歴史を有し、数々のコンテストで最優秀賞を獲得するなど、特に最近人気が高い岩茶。

その特色は「肉桂=シナモン」の持つ独特の香り。金木犀の甘い花香とシナモンを彷彿させるスパイシーな味わいで、たちまちとりこになります。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 極上百年老叢 ごくじょうひゃくねんろうそう
JISHANG BANNIANLAOCONG
¥3,000 – ¥18,000

香不过肉桂,醇不过水仙(岩茶の中で香りは肉桂を超えるものはない、まろやかさは水仙を超えるものはない)といわれています。水仙のまろやかさを極めるのが百年老叢水仙です。有名な慧苑坑に沿って道を登り、長窠を抜け、森の奥へ1時間歩けば古井に着きます。古井は坑澗の中にあり、植生がいっぱいで、日光が少ないため、暗く湿っていて、考証によるとここの水仙茶樹の樹齢は少なくとも150年ぐらい、茶樹の幹はすべて苔が生えており、そして垂れて下りてきて、茶農家は俗に「茶樹のひげ」と言います。…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 金駿眉(極上) きんしゅんび
JINJUNMEI

¥3,900

金駿眉は武夷山が世界紅茶業界に再び大きな貢献しました。400年余り前の武夷山桐木村では、世界初の紅茶である正山小種が誕生し、人々の暮らしに優雅なティータイムを作り出しました。400年余り後の2005年、武夷山桐木村の製茶師の梁駿德さんと江元勲さんと北京から来られたお茶の愛好家張さんは偶然に製茶テスト際に桐木村野生菜茶の芽を摘んで、「正山小種」の製作方法を改善し、オリジナルの「過赤锅」などの特殊な工芸を加え、武夷山の極上紅茶金駿眉を作り出しました。武夷紅茶から生まれた金駿眉は…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2022年春 極上武陽春雨(明前) ぶようしゅんう
JISHANGWUYANGCHUNYU (MINGQIAN)
¥1,500 – ¥7,500

武陽春雨は中国緑茶の重要な生産区浙江省の十大銘茶の一つです。1994年に中国茶葉評価会で1位を獲得したことから、以後毎年中国の各種類の茶葉評価会で金賞を受賞しています。武陽春雨は浙江省自然環境が最も良い武義県現地の野生茶種の中から選別育成された優秀な茶種です。摘採には単一茶芽または一芽三葉の基準を用います。最も品質の良い武陽春雨はすべて単一茶芽を用いて作ります。茶葉が熱湯で淹れると、ふっくらとした茶芽が水面から茶杯の底に落ちてきて、春のしとしとと小雨のような形がとても美しいです。茶芽がゆっくりと…

詳しくはこちらをクリック

NEW

【手作り】奇丹 がんちゃ きたん
QIDAN
¥1,200 – ¥7,200

これは2021年100%手作りの奇丹です。奇丹の名前は母体である大紅袍に由来します。「丹」は中国語で赤いという意味です。早春に発芽した若い芽は赤紫を呈し、遠くから見ると、まさに茶樹が艶やかな赤に見えることから「奇丹」と名づけられました。優れた品質を表す「名樅」として讃えられ、ふくよかな香りと、まろやかな舌触り、特に金木犀の香りをはっきりと感じます。飲んだ後も口に香りが長い間残ります。奇丹の栽培面積は非常に限られており、生産量も低く、特に正岩区域内の「奇丹」は更に希少となっています。

詳しくはこちらをクリック

NEW

【手作り】蘭香佛手 がんちゃ ぶっしゅ
FOSHOU
¥1,000 – ¥6,000

これは2021年100%手作りの佛手です。岩茶佛手は福建省永春県が原産。佛手はお寺の中で発見され、茶の葉は大きく肉厚で、まるで仏の掌のような形をしていたことから、「佛手」と呼ばれるようになりました。このように、禅を連想させる岩茶で、一般的な岩茶のような濃厚さはなく、実に清新さっぱりと上品。湯の色は澄み、独特な梨の香を放ちます。ひとたび口に入れると、甘味が口の中で持続します。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 烏崠宋種芝蘭香 うーとんそうしゅ しらんこう WUDONG SONGZHONG ZHILANXIANG
¥3,200 – ¥16,000

芝蘭香は鳳凰単叢の十大香型の一つで、有名な八仙、兄弟仔、竹葉単叢などはすべて芝蘭香型単叢の優秀な品種です。お茶の香りが優雅で、茶湯の色が橙黄色で、香りが強く、味が濃厚で、「回甘」が際立っているのはすべて芝蘭香型単叢の特徴です。宋種の芝蘭香の母樹は今から700何年前に、烏崬李仔坪に植えられました。母樹の単株の年間生産量は5キロを超えず、1グラム当たりの単価は3000人民元(5万円以上)を超え、価格は非常に高い。辰翼厳選の宋種芝蘭香は宋種母樹芝蘭香が無性繁殖によって得た二代目芝蘭香で、樹齢は今から100年近くあり、茶樹の栽培地は烏崬中心沿村の海抜1130メートルの地域にあり、茶園の管理は、野放の方法を採用し、茶樹を自由に成長させ、そして茶園の周辺には体型の大きいライチ、楊梅などの潮州の現地の特色の果樹を…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 烏崠獅頭脚老叢夜来香 うーとんしとうじょろうそういえらいしゃん
WUDONG SHITOUJIAO LAOCONGYELAIXIANG
¥3,200 – ¥16,000

夜来香鳳凰単叢は鳳凰単叢花蜜香型の貴重な名叢、十大香型の一つに属します。現在の主な産地は鳳西丹湖です。夜に「做青」工程が行われると、青葉が発酵し続けるにつれて、青葉の香りが「殺青」工程が終わるまで高くなるため、夜来香と名付けられました。辰翼厳選の夜来香は、最初の原産地である烏崬獅頭脚、茶木の樹齢は90年余りで、木の高さは3メートルで、茶木は剪定したことがなくて、完全に自然に成長します。長年にわたって雲霧に包まれている獅頭脚の村では、これらの茶木は自然散乱の日光を受けております。この散乱光は茶木の成長に良好な役割を果たし、各種の香型物質を茶葉内の集積にも有利です。辰翼厳選の獅頭脚の夜来香の完成品は乾茶の形が引き締まっており…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 鳳西丹湖塌堀後 ほうさいたんことうくつこう
FENGXIDANHU TAJUEHOU
¥3,200 – ¥16,000

塌崛後は鳳凰単叢の名高い品種の一つです。その香型は鳳凰単叢十大香型の一つである黄枝香に属します。鳳凰鳳西村の海抜700メートル余りの丹湖原産です。母木は最初に丹湖地区の山の後ろのくぼみの後ろに生えていたので、塌崛後又は凹富後と呼ばれることもあります。これは地元の村人が茶木の成長位置に基づいて潮州の地元の方言で茶木の読み方を記録した茶木の名前です。塌崛後の母木は100年以上の樹齢があります。辰翼厳選の塌崛後も原産地の鳳西丹湖に植えられ、2代目の無性繁殖の塌崛後、繁殖の時期が早く、今でも50年以上の樹齢があります。全手作りの荒茶と後期の三次炭焙煎工程を組み合わせ…

詳しくはこちらをクリック