新着商品

新着の茶葉が到着しました

新着商品が入荷いたしました。貴重なお茶もございますのでこの機会にぜひご賞味ください。

 

お知らせ

お買い上げ総額10,000円以上のお客様には送料無料とさせていただきます。

この機会にご利用ください。

 

NEW

2021年春 岩茶雀舌がんちゃじゃくぜつ
QUESHE
¥600 – ¥3,600

2020年春 茶雀舌です、雀舌はその形が小さく、雀の舌に似ていることから命名されました。その香りは格別に優雅で、歴代献上茶の中の逸品。雀舌の原木は九龍窠にあり、大紅袍第一原木の中の一株が雀舌になります。雀舌の栽培面積は非常に少ない上に、製茶にするのが非常に困難。雀舌が持つ上品なクチナシの香りや、玉蘭の香りなど、幾重もの香りを損なわない技術は、茶師にとって一つの腕試しなのです。武夷山において、雀舌はかなり貴重。辰翼茶庄茶師の作った雀舌をぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 岩茶白瑞香 がんちゃはくずいこう
BAIRUIXIANG
¥600 – ¥3,600

100年以上の栽培の歴史を有する10大武夷岩茶の一つ。一煎一煎で変化する香りを楽しめます。先ず濃厚な乳香が鼻を刺激し、次に爽やかな花の香りへと変化。甘味が強く、独特の岩韻を含む岩茶です。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 岩茶黄観音(極上)がんちゃきかんのん(ごくじょう)
HUANGGUANYIN
¥900 – ¥5,400

「鉄観音」と「黄旦(黄金桂)」を交雑させた、岩茶のサラブレッド。金木犀のような優しい香りは「黄旦」、清香系の柔らかい味わいの「鉄観音」、それぞれの特徴を生かした岩茶です。ぜひご賞味ください。

 

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 岩茶水簾洞肉桂 がんちゃすいれんどうにっけい
SHUILIANDONGROUGUI
¥1,200 – ¥7,200

水簾洞は武夷山正岩茶区の有名な場所です。水が豊富で、植生も豊かなこの地では、多くの岩茶が栽培されている。水簾洞肉桂の乾燥茶葉は炭焙煎のコーヒーやシナモンを髣髴とさせる香りがあり、湯の色は透き通ったオレンジ。九龍巣肉桂に比べて水簾洞肉桂の香りは、刺激が少なくまろやかで、飲むとシナモンの香りと乳香が、じわっとゆっくり広がります。どの一煎をとっても絶妙に調和された香りがいつまでも口の中に残ります。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年 春 岩茶白鶏冠 がんちゃはっけいかん
BAIJIGUAN
¥600 – ¥3,600

白鶏冠は武夷岩茶四大名叢の一つであり、武夷山で唯一の「道茶」とよばれるもの。白鶏冠は宋の時代の止々庵に席を置いた南派五祖の一人、白玉譫が栽培し、当時の道士が修業の際、気を養う為に取った薬草茶としたと伝えられています。他の岩茶と比べると花果の香りは、さることながら白鶏冠は、よもぎや金銀花などの薬草の香りも楽しめます。口に入れると少し苦みを感じ、程なく甘味に変化。まさに中国の成語「苦しみの後に楽しさが来る」。虚弱体質の人が白鶏冠を飲むと、直ぐに体温が上がり、毛穴が開き、全身に汗をかく感覚。全身がほぐれ、まるで空を飛ぶかのように軽くなります。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 岩茶水金亀 がんちゃすいきんき
SHUIJINGUI
¥600 – ¥3,600

水金亀は武夷岩茶四大名叢の一つ。原木は密に茂り、葉っぱも潤いがあり艶やか。茶樹の外観が金色の亀に似ていることに、この名前の由来があります。水金亀の香りは、ほのかな朧梅の香りで、まったりとした甘さの味わいを持ち、口当たりは爽やか。岩茶の中でも水仙と同じくらい優雅な香りで、特に女性におすすめの格別なお茶です。ぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 嶺頭白葉単叢(極上) れいとうはくようたんそう
LINGTOUBAIYE
¥2,400 – ¥12,000

嶺頭単叢または白葉単叢茶と呼ばれています。比較的新しいお茶で80年代に優良品種と指定された烏龍茶。花の蜜の様な至福の香りと爽快さと芳醇な味わいを併せ持つ。 1992年「国賓茶」に認定され中国政府の接待用に使用される最高級の烏龍茶の一つです。辰翼茶庄の嶺頭白葉をぜひご賞味ください。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 鳳渓坪坑頭村老叢鴨屎香 ほうけいへいこうとうそんろうそうやしこ
FENGXI PINKENGTOUCUN LAOCONG YASHIXIANG
¥3,200 – ¥16,000

鴨屎香は、単叢の烏葉に属します。母樹鴨屎香が元々烏崠村で栽培した時に有名ではなく、海抜900 mぐらいの鳳渓坪坑頭村に移植され、坪坑頭村の特有のミネラル豊富な白亜質の黄土で成長する茶樹が特殊な香りの物質を蓄積しています。製茶後の単叢を淹れた後スイカズラと乳香がコクを引き出し、数煎後も強烈な香りがします。茶の湯は透き通った橙黄色い、味、まろやかな余韻、とても煎持ちで、これは元々烏崠村で成長した単叢はこんなに风味がなかったからです。この茶樹の秘密を守るため…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 烏崠湖厝村老叢兄弟仔 うーとんこそそんろうそうきょうだいし
WUDONG HUCUOCUN LAOCONGXIONGDIZAI
¥3,200 – ¥16,000

兄弟仔は、単叢の十大香型の一つである芝蘭香の香型で、とても有名な品種です。兄弟仔単叢の母樹は烏崠の李仔坪村にあり、2本の茶樹は隣接で成長しています。兄弟仔単叢はこの2本の茶樹の生葉を組み合わせたものです。2本の茶樹の外観がよく似ていることから、兄弟仔と呼ばれています。湖厝村は李仔坪村と隣接している烏崠高山茶区であり、ここの兄弟仔単叢は一番古い二代目となり、歴史が長い。湖厝兄弟仔は母樹の様々な優れた品質を持っており、香りは優雅で爽やか、長く続きます。芝蘭香は人の頭をスッキリさせ…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 正山小種(煙熏)らぷさんすーちょん
ZHENGSHANXIAOZHONG(YAN XUN)
¥600 – ¥6,000

正山小種は世界初の紅茶で、400年以上の歴史があり、武夷山星村桐木地区で生産されています。正山小種は現在、無煙と有煙の2種類があります。これらの違いは、後に特別な燻製工程が行われたかどうか。伝統的な正山小種(有煙)は、地元の特殊な松の枝葉を使用して茶葉の後期に燻製を行います。これは紅茶特有の甘さを維持しながら、特别な龍眼の風味を加えて、非常に濃厚で長持ちです。この特殊な燻製工程を用いた正山小種の紅茶は、16世紀と17世紀にヨーロッパで一世を風靡し…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 赤甘(極上) チィガン
CHIGAN
¥1,500 – ¥7,500

「赤甘」というのは、その名前からしてわかりやすい。赤は赤い、甘は甘い。淹れた後、茶の湯の色はオレンジ色、みかんの色、口の中に入ると甘く、その名が付いています。金駿眉、銀駿眉、赤甘はいずれも桐木関紅茶の「駿眉」シリーズに属します。このシリーズの茶摘みの時期は比較的早く、摘み取る基準は全芽から一芽二葉までで、これは春の茶の発芽の初期に、すべての茶芽が成長して葉になった後に摘み取った生葉は正山小種紅茶を作ることしかできません。茶生葉の鮮度と含有物質が違うため…

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 桐木関野生紅茶 とうぼくかん のちゃ
TONGMUGUAN YECHA
¥800 – ¥8,000

桐木関野生紅茶は武夷山桐木廟湾地区の森の奥に原産しています。これらの桐木群体種の野生の「武夷菜茶」は、崖や竹林山の麓、渓流辺に自然に育ち、自然の中で花が咲き散り、野生味があふれるお茶です。桐木の紅茶という特殊な製茶工芸で、自然と野生の味を残しています。中国の他の地域の紅茶に比べ、武夷紅茶の魅力的な香りは非常に独特で、一度飲んだら忘れられない、まるで桐木の森の深い所に身を置き、野菊の花、山百合などの野花の香りが顔に吹いて来るようで、岩茶の奇種に似ています。多くの野生植物の芳香が混じり合い、茶湯の中に見え隠れしています。これは想像力を与えてくれる、「桃源郷」に入ったようなお茶と感じられるでしょう。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 桐木関 老樅紅茶 とうぼくかん ろうそうこうちゃ
TONGMUGUAN LAOCONGHONGCHA
¥800 – ¥8,000

当店は武夷山桐木村麻栗地区の樹齢が70年以上の「老叢菜茶」の生茶葉を厳選し、武夷紅茶の製茶工芸で老叢紅茶を製造しました。桐木自然保護区は海抜1000メートル以上にあり、湿潤な空気と森林植生環境により、古茶樹の幹には青苔が多く生えております。古茶樹の香り、青苔の香りがして独特な「叢韻」を味わえます。老叢紅茶の条状の乾燥茶葉がとても太く、色は黒潤で、匂うと果実の香りがします、茶湯が橙黄色で透き通り、口に入れると花の果実の香りと甘味がいっぱいです。老叢茶の特有の豊富なポリフェノールなどの物質を含むため、煎もちが非常に強く、十煎以上もほんのりと甘みが出ています。

詳しくはこちらをクリック

NEW

2021年春 金駿眉(極上) きんしゅんび
JINJUNMEI
¥3,900

金駿眉は武夷山が世界紅茶業界に再び大きな貢献しました。400年余り前の武夷山桐木村では、世界初の紅茶である正山小種が誕生し、人々の暮らしに優雅なティータイムを作り出しました。400年余り後の2005年、武夷山桐木村の製茶師の梁駿德さんと江元勲さんと北京から来られたお茶の愛好家張さんは偶然に製茶テスト際に桐木村野生菜茶の芽を摘んで、「正山小種」の製作方法を改善し、オリジナルの「過赤锅」などの特殊な工芸を加え、武夷山の極上紅茶金駿眉を作り出しました。武夷紅茶から生まれた金駿眉は、市販のどの紅茶とも異なり、金駿眉の乾燥茶葉の形が細く、黄色と黒の間に黄金色の茶毫が付いています。金駿眉は100度のお湯で淹れ…

詳しくはこちらをクリック